FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

2006 - 2018 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

★T/C-FXLR Racing Project Vol.4~現時点での問題。

今日はどんより曇りです。

R0020942.jpg


連日イロイロなお客さんが「例のレーサー、見せて下さい」と入れ替わり立ち替わりやってきます。秘密裏に作業をしている訳でも無いですし、なにより店内のど真ん中に置いてある為(笑)否が応でも目立つ訳。普段は目に付かないよう、通常作業の気が散らないようカバーをかけてありますが、どのお客さんも一応に、「大丈夫なの?間に合うの??」と必ず聞くので、否が応でもプレッシャーは高まり気ばかり焦って落ち着きません。

現時点で最大の問題はスイングアームのワイズが変わった事によるホイールの交換。当然チェーンラインも出さなきゃいけないのでF・R共にスプロケットのオフセットも見直す必要がありますしスイングアームのロング化により必要以上にレイダウンしてしまったリアショックユニットの全長も問題といえば問題。

やはり今まで使っていた5.5Jのリアホイールでは物理的に取付が困難なので(加えて190幅のタイヤは必要無いという理由もあって)旧タイプのダイマグ5.0Jに交換する方向で作業を進める事に決定。

スプロケットに関してはI.S.A.さんに直接アポをとってホイールを送り、特注で浸透ハードアルマイト仕様の37T/39T/41Tのリアスプロケットを作って頂く事になりました。

フロントエンドに目を移せば、クリップオンハンドルにした事でビキニカウルとブレーキマスターが干渉、またストックのワイヤー式クラッチでは取り回しに無理があるので油圧を導入する必要も出てきました・・・前途多難です。

R0020941.jpg

唯一の救いはエンジン回りの作業だけが順調な事。今週末~来週にもシリンダーのボーリングが上がってくるので、エンジン本体は完成したようなものです。

あ、ツインFCRキャブレターのマウント加工が残っているか・・・・。
関連記事

| FXR Racing | 21:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT