FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

2006 - 2018 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

★T/C-FXLR Racing Project Vol.1~フレーム回り。

本日はマルマス定休日。
店に籠もってT/C-FXLRの作業を行っています。

R0020845.jpg


まずはトランスの仕上げから。かれこれ5年程持っているあろうDELKRONのトランスですが、お客さんのパーツ取りになったりして剥ぎ取り市状態だったので足りない部品を組み立て。因みに今回使用する強化セルはスパイクのステルス1.4KWです。

R0020847.jpg

既に少し錆びてしまっておりますが、、SPUTHEのポジシフト。シフト抜けしません。トランスのトップカバーやサイドカバーのクロームメッキボルトをダイヤモンドのステンレス製に交換。

R0020855.jpg

R0020856.jpg

ボルトは今回ほとんどのところにダイヤモンドE/Gのステンレスを使用。エンジン回りは勿論トランス、エンジンマウント、エンジンスタビまで全て使っています。細かな機能部品はバルカンE/G、スピュースE/G、JIMSなどを使います。

R0020846.jpg

上がJIMSのシフターアームで、ストックレングス。下がSPUTHのクイック・ショートシフターロッド。どちらを使うかはテスト走行して決定します。

R0020848.jpg

で、まずはフレーム回り。レース専用の外装一式を作るつもりなので位置関係を見る為にダミーエンジンを搭載する準備を行います。

まずはネックのベアリングを打ち換え。

R0020849.jpg

R0020850.jpg

続いてはフロントのエンジンマウント取り付け。エレグラやFXRではお馴染みのビュレット製強化タイプ。

R0020851.jpg

R0020852.jpg

ダミーエンジンを搭載しました。
発泡ウレタン???のようなものでできており、実物と同じようにヘッド、シリンダー、タペットブロックなどヘリサートが仕込んであって全て分解出来ます。軽くてとても便利です。
今回搭載するエンジンはS&S製のT/Cですが、エキゾースト・フランジやインテークの位置関係はEVOもT/Cもほぼ同じなのでマフラー位置を見る程度の作業であればこのEVOダミーで十分です。

R0020853.jpg

続きます。
関連記事

| FXR Racing | 13:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT