FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge.

2006 - 2020 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

★T/C-FXLR カム回りの組立。

閉店後ボチボチとLRの作業を行いました。

R0020733.jpg


時間を作ってでも作業を進めないといけないT/C-FXLRなのですが、なかなかどうして自分の車両となると時間がとれません。。とまぁ愚痴っていても仕方ないのでとりあえずカム回りを組んでおきます。

まずはFUELINGのカム・サポートプレートにカムをセットします。
カムサポートプレートにベアリングを入れる際油圧プレス使用との記載が取り扱い説明書にありますが、ここはヒートガンで暖めて手で入れます。当方はまずベアリングをそれぞれのカムにセットし、ストーブの上で暖めておいたサポートプレートをやはり手で入れるという方法を毎回とっています。モナカ形状のサポートプレートには最も優しい取り付け方法だと思っています。

R0020734.jpg

R0020735.jpg

R0020737.jpg

カムサポートプレートASSYが出来たら続いてはブリザーバルブをクランクシャフトに取り付け。当然S&S製です。年式毎に細かく品番が分かれている為注意が必要です。羽根のような形状のフィンが回る、という感じに見えますが実際はその下に薄い弁があり、それが動きます。

R0020736.jpg

ブリザーバルブのスプリングをセットしたら今度はオイルポンプをセットします。ポンプはやはりFUELINGのレース用ポンプでS&SのEVO用オイルポンプが2個買えてしまう程高価だったりします。画像ではフィッティングを見る為一度クランクシャフトにセットしていますが、実際の作業ではカムサポートプレート側にセットするカタチになります。
オイルポンプは組み付け前に全てをバラした上でアッセンブリルーブを塗りたくり取り付けします。

R0020738.jpg

ポンプをセットしたサポートプレートをケースに取り付けし規定トルクで締め付け。やはりクランクを手でぐるぐると回しながらセンタリングし、ポンプ取り付けボルト4本を締めます。

R0020739.jpg

続いてはアウターカムギアを取り付けする訳ですが、S&Sのカムギアはキー溝で回り止めするタイプです。ここは間違っても叩き入れては駄目で、最悪の場合カムサポートプレートの裏側でカムアウターベアリングを固定するロックプレート(トップ画像左上の黒いプレートです)が曲がりカムがサポートプレートから浮いてしまいます。

R0020740.jpg

R0020741.jpg

T/C-FXLRではメインハーネスの簡素化とFXR純正の配線を流用する為(主にナラシ時の街乗りに必要な為)、点火は最も単純なEVOタイプの点火ユニットを使います。T/CにEVOタイプの点火を使うにはVALCANとBDLからリリースされている専用カムカバーを使うのですが、今回はBDL製を使用。ポリッシュ仕上げは格好悪かったし表面硬度を上げたかったので黒アルマイト処理しました。

R0020743.jpg

カバーをケースに仮付けしてみると何処かに干渉してカバーが浮いています・・・まぁコノテの社外パーツではよくある事なので特別驚きもしませんが。
当たっていそうなところに光明丹を塗ってみたところ、初期T/C88の99y-02yモデルでのみ使われていたカム・ポジショニングセンサー用のギアの出っ張りに当たっていました。
このポジショニングセンサー、EVOでいうところのタイマーカバー内部にピックアップセンサーが内蔵されていましたが、熱で直ぐに壊れてしまうのでそれ以降のモデルでは廃止されています(その後はECMがクランクから直接信号をとってます)。

ギアをもう一度取り外し、この凸部分をマシニングで落とします。

R0020742.jpg

まぁそんな感じでとりあえず大方のカム回りが完成しました。ようやく作業途中のSE110CU"ケースに追いついた感じです。

R0020744.jpg

R0020745.jpg

T/C-FXLRで使用するRPMヘッドはヘッドブリザーホールの回りを2段にC面加工。巨大なFCRツインキャブのマニを逃がす為です。ヘッドはコンプレッションリリースの穴加工を行えばあとは組み上げるだけです。

R0020674.jpg

オマケの画像はこちら↓

レースはレギュレーションが細かく決まっており、ヘルメットやレーシングスーツについてもルールブックに記載があります。当然ビンテージのヘルメットでは出走出来ませんので最新のフルフェイスを入手致しました。
このままでは味気ないので筆前クンに頼んでフレイムスを入れて貰う事にします。

R0020714.jpg
関連記事

| Cam Gear Drive | 22:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT