MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'10y FLH-CVO SE プロ・スーパーチューナーによる補正。

SEのプロ・スーパーチューナーを使ってECMを書き換えました。

R0020602.jpg


サンダーマックスやツインテックとは異なり、SEのスーパーチューナーは純正ECMを直接書き換えるものです。当然どの車両のデータも自由に書き換えられるようでは問題なので、一度装着した車両でしか使えないようブロックされています。※同一車両でのリライトは何度でも行えます。

R0020603.jpg

まずは明らかにリーンな状態、つまり燃料補正を行わず触媒無し+社外マフラーの状態でエンジンを始動しリアルタイムモニターで数値を確認。音質もパサパサとしておりモニターを見ずとも明らかに薄い状態である事が分かります。

で、SEスーパーチューナーにインストールされている別データを呼び出します。110cu"(1800cc)+SEエアクリーナー+レース用エキゾーストという組み合わせは数個しかありませんが、インターナショナルモデル用のデータを今回は使用。

プロチューナーの操作に慣れず少々手間取りましたが、無事既存のデータを書き換える事に成功。
書き換え後少し火を入れて様子を見ましたが、燃調を行った事により排気音は力のあるものに変わり、しっとりした音質になりました。

個々のデータ毎に手打ちでデータの書き換えが出来ますが、シャシーダイナモがある訳ではないのでまずはこのデータで走ってみて様子を見る事にします。アイドリングは敢えて落としておりません。

※末尾が-08Aのチューナーは"SEレースチューナー"とは呼ばず、正式には"SEプロ・スーパーチューナー"と呼ぶようです。一応今回は部品番号から"SEプロ・スーパーチューナー"と統一させて頂きます。ややこしくなって申し訳御座いません・・・。
関連記事

| Big Twin | 21:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT