MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

2006 - 2018 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'97y FLSTF カム回りの組立。

さて今日は'97yファットボーイの作業です。

R0020363.jpg


まずはシリンダーのベット部分やタペットブロックベース、カムカバー取付面をホーニング。中途半端に剥離している切削面の純正リンクル塗装は剥がします。

オイル潤滑が悪かったのでブリザーギヤやブリザーホールはこんな状態・・・・一度リーマーを通してO/Sギアを入れればベストです。

R0020364.jpg

R0020366.jpg

ここからはいつもどおりカムの交換作業。インナーカムベアリングを交換し填め合いを計測、この車両は社外のカムカバーに変わっており、以前のカムを見るとボス部分が片当たりしていたのでダミーカムになるセンタリングツールを使ってセンターを確認。その後カムを計測し色コードはOKだったのでシム調整を何度か繰り返し組み込み。カムカバーG/Kは純正のメタルを使用。

R0020367.jpg

R0020368.jpg

R0020369.jpg

R0020370.jpg

R0020371.jpg

なおこのJIMS製の2ピースカムカバー、既に廃盤となっており内部のOリングはパーツが出ません。従ってリングは再利用し、液状ガスケットを併用しています。

R0020374.jpg

R0020376.jpg

タペットブロックはご覧のようにSEのビュレット製。予算の都合でタペットとブロックはそのまま流用しています。このあたりの判断も微妙なのですが、、勿論交換する事がベストです。

R0020377.jpg
関連記事

| Engine Maintenance | 20:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT