FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

2006 - 2018 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ショベル4速トランスM/Tの組み立て。

雨の定休日です。
そんな本日は店に出向いてショベルのトランスを組みました。

R0020055.jpg


トップ画像左手が磨り減ってしまったメインドライブシャフトのスペーサー。左側が新品のものです。組み上げるのも特に難しい事はありませんが(※注:今回各ギアのブッシュは交換しておりませんのでご注意を)サードギアのリテーニング・リングの取付は慎重に行います。下記画像のドライバーで指しているものがリテーニング・リングです。

R0020056.jpg

R0020058.jpg

メイン4→ドッククラッチ→メイン3→メイン1・2と順に組み、ケース内部でメイン側が組み上がったらメインシャフトのベアリングとベアリングホルダーを取り付けします。填め合いの寸法公差はさほどタイトではありませんがヒートガンでケースを炙っておけばスムースに入ります。

R0020059.jpg

カウンター側はごっそりASSYでケースに入れカウンターシャフトをケース横から貫通させます。ブッシュは交換しないにしても大きなパーツはほぼ交換します。因みにメインベアリングは国産品を使用しています。

R0020060.jpg

破棄するパーツ。メインドライブのスペーサーやベアリング、メインシャフトは交換時期でした。

R0020061.jpg

あとはガシガシと組み上げていくだけです。

R0020063.jpg

R0020064.jpg

R0020065.jpg

R0020066.jpg

R0020067.jpg

R0020068.jpg

R0020069.jpg

フレームにトランスASSYを仮載せしたらインナープライマリーを取り付けして位置合わせ。この後トランスケースの本締めを行い、メインドライブシャフトのスペーサーとオイルシールを取り付けします。

R0020070.jpg

関連記事

| Shovel Head | 16:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT