FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

2006 - 2018 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'88y S&S 88cu" FXR トランスM/T回りのトラブル。

台風接近で雨が降り続いています。

R0019750.jpg


インナープライマリーのM/Tメインシャフト(Wリップ)とスターターのオイルシールを新品交換し1次ドライブを組むつもりでしたが、フロントプーリーの増し締めを行っておこうと作業に取り掛かるとプーリーがトランスのケースに干渉しています・・・。ということでM/Tメインシャフト・オイルシールの確認を含めてチェック。

R0019751.jpg

まぁ酷く漏れている様子は無いのですがやはりプーリーが干渉してケース側面を削っています。指差している部分がそうです。

R0019752.jpg

原因はプーリーのスプラインが減ってしまい、ガタが出ていた事によるものでした。他モデル用ですが、同じ歯数の純正中古プーリーがあるのでそちらに交換するか、高性能で純正より安価なアンドリュース製に交換するのか、明日オーナーさんと相談する事になりました。

R0019754.jpg

R0019753.jpg

またフロントバンクEXのプッシュロッドインナーチューブが綺麗にアールを描いて曲がっていたので?と思っていましたが、オーナーさん曰く一度バルブを曲げてオーバーヒートした事があるとの事。原因が分かればなるほど、という事になりますが、こういったパーツの手配でまた作業が中断してしまったりします。。
関連記事

| Engine Maintenance | 19:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT