MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'06y XLH883L 完成。

今日は883Lを仕上げました。

R0019602.jpg


ウインカーマウントはミスミ製の直接アッパーステムの取付ボルトにウインカーをマウントできるタイプを選択。ストックボルトにマウントを噛ませるだけの"ひょうたんステー"なるものもありますが、こちらの方がシンプルで何よりマシンカットのステンレス製というのがカッコよろし。

しかしこのマウント、当然純正ウインカーをマウントする際にねじ込まなくてはならないので配線がクルクルとネジれます・・・一度配線を切ってしまえば簡単ですが、純正の配線をカットしてギボシではあまりに芸も無いし、なにより純正っぽくないので、一度ウインカーの配線をタンク下のコネクターから全て外してからウインカーをセット。

また純正のウインカーハーネスはヘッドライトバイザーとステムの間を通りハンドルにマウントされています。という事はトップブリッジの上にウインカーの配線が見えている訳で、これはとてもカッコ悪い。オマケにメーターやハンドコントロールのハーネスの間を無秩序に縫っている為ハーネスが巻き付いて絡み合いこれまた×。この辺りの新車時からの難点をすっきり仕上げる事がウチの小さな拘りです。・・・まぁ誰も気にしないところかもしれませんが。笑

R0019603.jpg

はい、出来上がり。

R0019604.jpg

ブレーキホースを通す位置や角度、弛ませ具合、見た目の美しさ、そして無駄にタイラップ固定しなくとも美しく配線が走っている事が機能面に加えて重要です。

ちょっとした気遣いをするかどうかの些細な事ですが、細かいところに拘ってこそプロの仕事だと思います。配線引き直しであれストックの配線修正であれ、パリッと仕上げていたいものです。

R0019605.jpg

R0019606.jpg

R0019607.jpg

さて、明日でこのSWもようやく終了。今夕あたりから連休で出掛けていたお客さんらが帰宅し、パラパラと立ち寄って頂いて休み中の出来事を聞いています。。皆様お疲れ様でした。

このXLH883Lは明日納車です。



追記

本日は遙々高松からお客さんにお越し頂きました。EVOソフテイルベースのカスタム車両で、知る人ぞ知るスピュースE/Gのケースにシリンダー、JEピストンでジェリーブランチヘッドの104cu"をS&SのISTでコントロールする玄人好みな一台でした。もともと某有名ドラッグショップで組まれたモーターだそうですが、オーナーさんの知識も半端ナシ。とても有意義な時間を過ごせました。
オマケにFフォークのチューニングにMARUMASUクライムハイヤーまでオーダー頂き誠に感謝!です。
折角なのでエンジンの写真を撮らせて頂けば良かった、と後悔しきりです(笑)。
関連記事

| Sport Ster | 17:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT