MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'80y FXB トップエンドガスケットの交換。

なんだかんだで9時間掛かっております・・・。

R0019487.jpg


今年の1月に組み上げ既に4000kmほど走ったショベルFXBスタージス。ずっと絶好調この上なしでしたがヘッドボルトの増し締めを怠った結果、ボルトが緩んでヘッドガスケットにオイルを通してしまいました。それからはスローが安定せず、増し締めを行ったものの後の祭りでフロントバンクから黒煙を吐く始末。忙しいので放っておいてましたが重い腰を持ち上げ、本日修理を行いました。
折角なので今まで使っていたガスケットを辞め、メーカーも材質も異なるものに交換してテストする事にします。

で、とりあえずトップエンド分解。今回シリンダーベースも交換したかったのですがベースは何の問題も無かったのでとりあえずはそのままとしました。

R0019489.jpg

ヘッドガスケットはブルーのテフロンコートされたメタルだったのですが、シリンダー側の鋳鉄には強固にへばり付いていますがヘッド側はツルツルの状態で併用してた液状ガスケットも効果薄。ヘッドボルトの緩みがなければこれでも十分効くのですが、また緩む事も考えもう少し柔軟性のある液状ガスケットを今回使用。シリンダーベースに使うものと同じにしました。

フロントバンクはオイルライン周辺、リアはエキゾーストポートの上あたりが圧縮漏れした跡が残っています。

R0019491.jpg

R0019492.jpg

R0019496.jpg

で、ヘッドとロッカーを取り外しクリーニング後オイルで溶いた新明丹を使って徹底的にホーニング。
ロッカーに使ったメタルガスケットは純正ヘッドの面には不向きと判断。

R0019495.jpg

R0019497.jpg

面出しとロッカーボルトのネジ山清掃を終えたヘッドパーツ。カーボンこそ若干ありますがバルブやシール、ロッカーには問題無いので今回はそのまま組みます。

R0019498.jpg

ヘッドにロッカーを取付。この角度から見た時のショベルヘッドのトップエンドに最も造形美を感じます。それに比べるとT/CやEVOのロッカーボックスは無機質で味気ないですねぇ。

R0019501.jpg

組んだヘッドASSYをシリンダーに取付。

R0019502.jpg

タペットやプッシュロッドをセットしてプッシュロッドをざっと調整。オイルラインも配管したのであとは補器類を取付したら完成です。

R0019504.jpg
関連記事

| Shovel Head | 23:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT