FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

2006 - 2018 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

箸休め弐~スーパーカブ106cc 強化クラッチ+オイルポンプ組込。

箸休め壱~に続く第弐弾です。

R0018942.jpg


先日の記事、箸休め壱~スーパーカブ50cc→106ccボアアップ。で記載したように通勤で使うカブをボアアップしました。

しかし、合わせて行う予定であったオイルポンプの強化と強化遠心クラッチの組込は作業時間が無かったので見送っておりましたが、強化クラッチはともかく、50ccのオイルポンプを100ccオーバーの排気量のエンジンで使うのは致命的ですので焼き付く前に交換します。

R0019066.jpg

マフラーやキックペダル、ステップといった右側の補記類を外してからクラッチカバーを取り外し。クラッチはユニット毎取り外し、ようやくその下のオイルポンプユニットにアクセス出来ます。

R0019067.jpg

R0019069.jpg

で、下記がそのオイルポンプ。左が50ccノーマル、右が強化タイプ。タイカブ100の純正パーツのようです。オイル溝とトロコロイド・ローターの大きさが違うことが分かるかと思います。

R0019068.jpg

見てお判りのようにT/C88や96のカムサポートプレートのオイル溝、そしてT/CやSportSter用のオイルポンプのローターと大きささえ異なれど構造は全く同じです。T/Cの場合クランク一次軸から直接駆動でオイルポンプを動かしていますが、カブはSport同様二次駆動方式。どちらにせよカブの優秀さはこのあたりからも伺い知る事が出来ます。恐るべしホンダパワー。

そんなクダラナイ事は良いとしてオイルポンプを交換してクラッチを装着。クラッチレリーズ回りをさっと組んでオイルを入れたら出来上がり。遠心クラッチのニュートラル出しに少し手間取りましたが問題なく完成です。

R0019070.jpg

R0019072.jpg

1700cc近いOHVを組むことも勿論楽しい訳ですが、僅か50cc、OHCカブでさえ同じ4ストロークの内燃機ですから同じくらい楽しかったりします。笑
どんな車両でも、外装ストック然、エンジンはバキバキに弄っているのが一番COOLじゃないですかねぇ・・・

カブの記事はこれでおしまい。お粗末様でした。。
関連記事

| Private | 19:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT