FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

2006 - 2018 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'87y FXR シリンダーヘッドのリビルト準備。

本日AIRSPORTからヘッドが到着。

R0018723.jpg


先日の記事に記載したように、今回下地のヘッドワークは最も信頼できるAIRSPORT日沖氏に依頼。シリンダーヘッドのサンドブラスト、バルブ回りのチェックとシートカットが主な作業。曲がったインテークバルブが付いていたフロント側ピストンをよくよく観察したところ、純正鋳造ピストンに関わらずバルブリセスに平らに面の出ているような、他と異なる光り方をする場所があったのでほぼこちらだと断定。またバルブの傘の燃焼室側に打刻跡のような小さな凹みも確認しました。

ともあれバルブは交換し現在のシートカット面に合わせます。あとは燃焼室のスキッシュエリアのエッジを加工しデトネーションを軽減する対策を施します。これは当方が師と仰ぐレースチューナー様からの助言を元に論理的にも実用レベル域でも確立された方法で、今も第一線のレース業界で活躍する生き字引のような方からの伝授ですので、効率やエンジンライフを考えた上でも間違いのない方法です。

パトリックやブランチといった有名チューナーと同等の知識と経験値、それに加えて計測機械があればハナシは別ですが、フローベンチ無しに闇雲に鏡面処理したりポート研磨したりといった事は悪戯に費用の負担を生むだけでなく、なんのパワーアップにも繋がりません。ですからそういった加工は今回も一切行いません。

R0018724.jpg
関連記事

| Engine Maintenance | 22:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT