MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

2006 - 2018 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'06y FHLTCU-I 106cu"ストローカートップエンド作業その①。

今日は計測からシリンダー取り付けまでを行いました。

R0018448.jpg


シリンダーとピストンはS&Sから届いた新品ですので当然サイズはSTD。シリンダーはビッグフィンのブラックパウダーコート。ピストンハイトの低いストローカー専用ピストンは他の鍛造ピストンに比べてもかなり軽いです。一通り計測をしますが問題は無し。ピストン、シリンダーのクリアランスは4/100とタイト気味です。

ご存知のようにツインカムではシリンダーベースがOリングなのでガスケットはありませんが、ウチでは独自の方法を施しています。ハイスピードで走行した場合やバックトルク時などケースの内圧が高くなった時、ケースとシリンダーの合わせ面から希にオイルリークする場合があるのでその対処です。

R0018453.jpg

R0018455.jpg

R0018456.jpg

オマケの画像は本日届いたEVO用のエーデルブロック・パフォーマーヘッドキット。'93y FXSTCで使用します。キットの場合はカムとプッシュロッド、ガスケットキットが付属していますが、まずはヘッドだけを組み込む予定です。

R0018446.jpg

もう一枚。こちらは'81y FXSで使用する純正パーツ。77yローライダーと同様に純正プルバックライザー+ドラッグバーでハンドル回りを組む場合、アッパーのブレーキホースが短い14インチのものになります。ところがこのホース、社外では一切作られておらず純正プルバックハンドルから変更出来なかったのですが、本日デッドストックの純正を入手。保管状態も良く使用には全く問題ない状態です。

ホイールのベアリングシール(キャストホイール用)も純正のスチール製、フロントマスターのパッキンも当然ラバーの純正。オリジナル度の高い車両にはこういった地味なパーツまで純正に拘って取り付けを行う事が、より良い雰囲気の車両を作るのだと思います。何よりオリジナルに拘り抜いているオーナーさんの車両なので、こちらとしてもやる気が出ます。笑

R0018447.jpg
関連記事

| Engine Maintenance | 20:14 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

>ミックさん
拘りは大事です。
オリジナルの雰囲気が残る車両なら、やはりオリジナルに沿ったパーツを選択したいものです。
ボルト一本でも同強度のものを使うのは当然ですが、なるべく同じような雰囲気の遣れ方をしているものを使うよう気をつけています。
遣れた車両には闇雲に新しい部品を使うのも考えモノ。難しいトコロですねぇ。

| mie4speed | 2009/05/17 21:00 | URL | ≫ EDIT

デットストックパーツの入手、本当に助かります。特にブレーキホース。目から鱗です!

憧れていた時代の車両には、当時の雰囲気・かっこよさを残しておきたいので、つい純正に拘ってしまいます。ただの純正バカなのかもしれませんが。笑

| ミック | 2009/05/16 22:37 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT