FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

2006 - 2019 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'81y FXS LowRider クリーニングとメンテナンス。

今日は午前中にサンダーマックスの調整。
午後はたっぷりショベルに費やしました・・・。

R0018224.jpg


まずはクラッチバスケットを分解し掃除。ベアリングローターのスタッドの段付きが酷いのでクラッチのキレが悪い。フリクションプレートはオイルが染み込んでいるので脱脂洗浄。

R0018227.jpg

メッキのスターターソレノイド(社外品)が付けられているのでエンジン回りの黒に合わず浮いています。この作業とは関係ありませんが、今日スタージスのエンジンを始動しようとしたところ何故か突然ソレノイドが死亡・・・消耗品なので仕方ないですが、折角の純正ソレノイドがパァです(涙)。
今時の社外品はソレノイドキャップを固定するネジがユニクロメッキのプラスネジですが、純正はちょっと大きめのボタンヘッドのマイナス。ソレノイドカバーを付ければ全く見えない部分なのですが、やはり純正は寿命が長いです。予算が許せば純正をお勧めします。

因みに下記画像の右手がスタージスに付いていた純正ソレノイド(純正ペイントバージョン。約3万円也)、左手がFXSに付いていた社外のメッキソレノイド(5千円也)。メッキは格好悪いのでリンクルブラックで塗ってみました。スターターモーターも分解してブラシをチェックし掃除しておきます。

R0018233.jpg

R0018225.jpg

オイルタンクは洗浄する為取り外し、シート下の配線をチェックしひたすら洗浄。普通全く掃除されていない部分なので汚れ放題。

R0018230.jpg

R0018231.jpg

ここからはひたすら地味に配線の一本一本を磨き、色が分かる状態にします。拭き上げる事によって皮膜の痛みや破れ、内部での断線もチェックできますから一石二鳥・・・・とはいえ数十年の汚れはそう簡単には落ちません。パーツクリーナー、オイル、灯油、ガソリンなどありとあらゆるものを使って格闘する事4時間。。ようやく少し綺麗になりました。

R0018229.jpg

経年で付いたシートフレームの擦り傷や飛び石の傷、こういったものは30年も経てば多かれ少なかれ付いてしまうものだしこれが実際走ってきた車両の風格でもあると思います。ですから性能に影響の無い部分ならタッチアップを行う事は敢えて行いません。
それでもキチンとメンテされた美しさ(=綺麗さ)を備えた車両が最も素晴らしいと思います。

R0018236.jpg

外装も秘密兵器で磨き上げました。ブラックとマルーンが白っぽくボケた感じになっていましたが、黒はより黒らしく、しっとり落ち着いて深い艶になりました。ちょっと綺麗になり過ぎ??(笑)

R0018239.jpg

明日も日帰り作業に入庫と何故か忙しいGWです・・・
関連記事

| Shovel Head | 19:11 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

>ミックさん
ソレノイドはやっぱりなんだかんだ言っても純正がヨロシ、という事で純正1個、エマージェンシー用に社外を2個仕入れておきました。

汚れは年式相応、エンジンスプロケットナットに若干錆が出ているのであまり乗られていなかった車両なんでしょうねぇ。

| mie4speed | 2009/05/01 20:26 | URL | ≫ EDIT

メッキのソレノイド、実は気になっていました。リンクルブラ塗装のほうがやっぱりいいですね。ちょっと汚れてきたらいい感じになるかも。

やはり見えない部分のよごれ具合はすごいですね。
それにしても、店長のきめ細かい整備には、いつも感謝いたします。

外装の復活具合、早く見たいですねぇ(笑)

| ミック | 2009/04/30 22:22 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT