MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

Specializes in Harley-Davidson V-TWIN Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats"

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'93y FXR S&S96cu"1次ドライブの組立。

'93y FXRの一次ドライブ周辺を組み、エンジンとミッションの位置合わせを行いました。

R0017896.jpg


まずはようやく入手したH-D純正ステーターコイルをケースにセットします。インナープライマリーはペイントしてからオイルシールを交換。

R0017897.jpg

R0017898.jpg

さてここから肝心要のエンジンとミッションの位置合わせ。ラバーマウントモデルではとても重要な作業でして、強大な負荷の掛かる1次ドライブの組立てを蔑ろにすれば軽度のトラブルでもプライマリーオイルは漏れますし、最悪インナープライマリーのクラックという事にもなりかねません。

位置を合わせる方法はイロイロあるかと思いますが、当方はジャッキを複数使って位置を出しています。まずはエンジンハンガーやミッションとの共締めボルトを緩めておきます。インナープライマリーはとりあえず車体に当てておき、エンジンやミッションの色々な部分を上げてみたり下げてみたりしながらマグライトで照らしながら取り付けボルトの穴位置を合わせます。どの位置にも手で回してボルトが軽く入るようなら(※ここが重要です。)徐々にボルトを締めてエンジン、ミッションの切削面がインナープライマリーにぴったり合うよう調整し締め付け。その後ケースとエンジンハンガー部分を締め付け、位置が決まった時点でもう一度インナープライマリーの取り付けボルトを外してネジロックを塗付した後本締めを行います。

インナープライマリーの取り付けボルトの締め付けで強引に位置を寄せるような事は後々必ずトラブルを引き起こしますし、なにより強力なモーターを搭載した車両なら念には念を入れて組む事が当然です。

R0017902.jpg

ここまで出来たらあとは普通に1次ドライブを組むだけです。

R0017903.jpg
関連記事

| Engine Maintenance | 19:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT