FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

2006 - 2018 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'06y FLHTCU 106cu"ストローカー作業~準備編。

今日はTC88の作業です。

R0017660.jpg


この車両は以前ウチでTC88をボアアップしたFLHで、95cu"+SEヘッド+サンダーマックスといった仕様でした。今回はTC88ケース無加工では最大排気量となる106cu"ストローカーを組み込みます。
因みにTC88とTC96は見た目こそ同じように見えますが、2本のカム位置も異なる程全く違うエンジンです。よって使用するSSTも異なりますしクランク回りのピニオンシャフトやメインベアリングも年式毎に細かく変わっておりウチではTC88とTC96は別エンジン、という認識で作業しています。

前置きはさておき、まずはエンジン作業に入るまでの下準備を行います。

エレグラの場合何が大変かと言えば意味のないアクセサリーの類やメッキオプションパーツが装着されているパターンが多く、毎回骨が折れます。。アクセサリーを付けるのは勿論個人の自由ですが、性能に関係の無いパーツは無意味ですし重量を増やすだけでなのでウチでは取り外す方向でハナシを進めます。笑

で、外装やら何やらは作業の邪魔にならないよう二階の倉庫に全て上げました。

R0017658.jpg

これでいつでもエンジンを下ろす事が出来るようになりました。

R0017659.jpg

オマケの画像はフレーム修正を終えたエボ・ソフテイルフレーム。

元々プライマリー側に真横からクルマが突っ込んでクランクシャフトを押し、それで廃車となった車両なので何処かが曲がっているのは間違いなかった訳ですが、測定して頂いた結果ヘッドアクスルのところで10mm振っていたという事でした。幸いフレームバックボーンのセンターやエンジン、M/Tハンガーの位置関係、ダウンチューブなどは全く異常が無かったので最低限の修正で済みました。

これで気兼ねなくフェンダーストラットを切り落とせます。

R0017661.jpg
関連記事

| Engine Maintenance | 17:38 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT